2013年02月

ここでは、2013年02月 に関する情報を紹介しています。
ペルミラスの3ステップは、ちょっと変わっています。
PA091826_convert_20130223155713.jpg
REVOL CLUBファンサイト参加中


クレンジングは、そのままのとおりメイクを落とすものです。

次のローションが、洗顔から下地までをカバーしてしまうのです。

化粧水から下地まで、というのは聞いたことがありますが

洗顔から下地まで、というのはあまり聞いたことがありません。


こちらのローション、トロミのある液体です。

まずは、液体を顔に伸ばし、軽くマッサージ。

その後、ホットタオルでふきとります。

これで、洗顔終了。

今度は一度目よりも少量を顔につけます。

ふきとるとはいえ、マッサージをしている時点で潤っているので

ほんの数滴でも、しっかりと肌に浸透している気がします。


ホットタオルを毎回作るのが、少々面倒です。

でも、一段明るくなった自分の肌を見ると

少しの手間はしょうがないかなとも思えてきます。

マッサージする度に古い角質も取れやすくなるようで

肌の表面がつるっと滑らかになりました

PA091829_convert_20130223155547.jpg




最後のステップは、トリートメントパックです。

普段のスキンケアは、「いかに自分が気持ちよくなれるか」に重点を置いています。

特に夜は、伸びやかでいい香りのするクリームで仕上げたいなと思っています。

リラックスしてぐっすり眠れそうです。


その点からすると、ペルミラスの夜のケアは真逆と言った感じ。

クリームではないし、接着のりのような香りだし・・・。

使用感ものりのようにぴたっと肌に張り付きます。

トリートメントパックですから。

夜につけて、翌朝洗い流します。

初めて使ったときは、正直気になってなかなか寝付けませんでした。


朝起きてみると、いつもより肌にハリがあるのには驚きました。

寝ている間に 小じわ、たるみなどのトラブルをケアしてくれるらしいです。

確かに、あののりのような密着感は

しわ伸ばしやたるみ解消によく効きそうでした。


毎晩使うにはちょっと緊張感がありすぎる気がしますが

たまにはこうして身を引き締めるのもいいですね。

年齢に抗うには、攻める姿勢も大切です


ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



特に肌が弱いわけではありませんが、「肌に優しい」と聞くと使ってみたくなります。

アンティアンの石けんは、赤ちゃんでも使えるほどの優しい石けんだそうで。
PA311875_convert_20130213165814.jpg
手作り洗顔石鹸 アンティアンファンサイト参加中




ココナッツの香りがふんわり漂います。

ホホバオイル、オリーブオイル、スイートアーモンドオイルといった

保湿効果抜群の成分がたっぷり詰まっています。

PA311876_convert_20130213165942.jpg




オイルがふんだんに使われているからなのか

洗っている最中はぬるっとした感触があります。

たくさんの泡で洗うタイプの石けんではないので、余計にそう感じるのかもしれません。

もこもこの泡で洗うのも気持ちがいいものですが

ふわっとした優しい泡も嫌いではありません。

手作り石けんらしさが出ていて。


それでも、鼻の頭などはアブラがちゃんと落ちているのか

多少の不安は残ります。

洗い流しているときも、なかなかぬるつきがとれません。

いつもよりちょっと多めにすすぎをしてみました。




そのせいもあるのか、いや、やはりこれが手作り石けんの威力なのか。

洗い上がりがとてもさっぱり!

洗っている最中のぬるつきが嘘のように消えています。

つるっとしているのに、肌に触れるとしっとりしているのがわかります。

一応洗顔石けんですが、体や髪にも使えるそうです。

洗い流すのが大変そうで、髪に使うのはやめてしまいましたが・・・。

乾燥しがちな腕や足に使うのはおすすめですよ


惜しい点は、温かい場所に置くと溶けやすいこと。

目に入ると、とてもしみること。


置き場所と使用中のちょっとした心がけが大切な石けんでした。


ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
普段は顔の手入ればかりに目がいって、頭皮のケアはあまりしていません。

顔は鏡を覗くと嫌でも見えますが、頭皮は髪で隠れてほとんど見えないので
手入れをしなければという気にならないのです。

でも、頭皮から生えている髪は目に付きます。

最近抜け毛も白髪も増えてきたんですよね。

ツヤもなくなってきたし。

いよいよ髪の土台である頭皮ケアに着手する日がきましたか。


顔の場合は

  汚れを落とす →→→ 保湿

の手順になりますから、やはり頭皮もこれでいきましょう。


汚れは毎日のシャンプーで落としているからよしとして
問題は保湿です。

そういえば、頭皮の保湿なんてめったにしたことがありません。

保湿の方法はいろいろあると思いますが、今回試したのはこちら。
PA031786_convert_20130201203132.jpg
モエモエ ビタドロップ  モルトベーネファンサイト参加中



シャンプー後の頭皮に直接つける保湿美容液のようなものです。

透明のさらっとした液体をスポイトでとり、少しずつ頭皮に馴染ませていきます。
PA031794_convert_20130202155431.jpg


とても甘い香りは、女性にぴったりです。

若い人により似合いそうな香りではありますが。

白髪を気にする年頃の私がつけても、まあ、大丈夫でしょう。

気になる頭皮の匂いケアにも有効らしいです。


少しずつ垂らして全体にいきわたらせる、と説明文にありましたが、これがなかなかうまくいかない。

いつも、頭頂部のみに使う感じになってます。

こんな感じに。
PA031787_convert_20130202155314.jpg


つけてマッサージしても、感覚的には変化がありません。

ほかほかするとか、スースーするとかはまるでなし。

本当に保湿されているのかは、正直定かではありません。

ただ、続けているうちに、白髪になる速度が遅くなってきたような気がします。

髪質もさらりとしてよくなっている気が・・・。

マッサージがよかったのか、ビタドロップの配合成分、
ビタミンBやビタミンEがよかったのか。


多分両方でしょう。

なんでもそうですが、新たな習慣を行うときは、どうしても面倒に感じてしまいます。

今までは入浴後は顔の手入れしかしていなかったのに、頭皮まで気を使わなくてはならないなんてと。

そう思うのは最初だけ。

少しの手間できれいになるなら、
面倒だった習慣が「やるのが当たり前」に思えるようになるまで続けてみたいと思います。

ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ