漢方小説

ここでは、漢方小説 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
西洋医学は、体の悪いところに直接作用し、一気に病気を治すイメージがあります。

それとは逆に、東洋医学は自分の体と向き合い、徐々に調子を整えていく感じがします。

こちらの小説もじわじわと心に効いてきます。
漢方小説


31歳。女性。独身。

痙攣がとまらず救急車で運ばれるという、ショッキングな場面から
話は始まります。

搬送先での医師の診断は 「なんだろ。わからない」

その後も病院を転々としますが、一向に病名が判明しません。

具合が悪くなったのは、元彼の結婚報告を聞いてから。

もう好きでもなんでもなかったのに、振った相手が人のものに
なると思うと、なんかショック。


体の不調は精神的なものかと、心療内科に行くことも検討しますが、
その前に子供の頃に通った漢方医療所に行ってみることします。

この漢方との出会いが、主人公をいい方向へと
徐々に導いていくことになるのです。

ここでのいい方向とは、体の不調が改善されるのと同時に
心も安定してくるということ。

体と心はつながっているといいますから
片方がよくなれば、自動的にもう片方もよくなる仕組みになっているのでしょうか。


類は友を呼ぶというように、主人公の周りにはちょっと病んでいる人たちが
多く登場します。

暗い感じもしますが、面白い言い回しが時たま出てきて
思わず笑ってしまいます。

文章で笑わせることができる作家ってすごいなと
そういう本に出会ったときにいつも思いますね。

例えば、病院の腹診であまりにも強くおなかを押されたので
「身ごもってないのに赤子が飛び出すかと思った」とか

漢方のイケメンだけど10円ハゲがある先生と、自分の父親を見比べて
「先生の10円ハゲはかわいいけれど、親父の全体ハゲはまったくかわいくないなと思った」とか。


読んだあと、スッキリとしてちょっとあったかい感じになりました。

本を読むと、自分では言葉にできないもやもやとしたものが
こういうことだったんだ、とわかることがあります。

この小説でも、「一歩踏み込んで」の考え方になるほどと納得しました。

主人公が今どうしたいかと自分に問いかけたとき、
まずは「病気を治したい」という気持ちが先にあります。

そこから一歩踏み込むと「変化を恐れない自分になりたい」となりました。

ここでの病気は生活習慣や精神的なものもあるので
病気を治すためにはそれらを変えていく必要があります。

習慣や考え方のクセ、行動を変えるのは難しいですが
変化=幸せになることを恐れないことが主人公のテーマということですね。


これを自分に当てはめてみると美容に興味があるのは
「きれいになりたいから」です。

自分がどうしたいのかというと
「外見も内面もきれいで素敵な女性になりたい」

それを一歩踏み込むと
「自信に満ちて幸せを感じられる自分になりたい」でしょうか。

一歩踏み込んでを自分に当てはめると、答えを見つけるのが大変です。

なんかちょっと違う気もしますが。

でも、キレイを磨くと自信がつくことも確かです。

外見も内面も磨くというのは、継続が必要です。

楽しみながらこれからもマイペースで続けたいです。

漢方小説

新品価格
¥1,260から
(2012/7/29 15:20時点)





関連記事
スポンサーサイト
ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
コメント:
この記事へのコメント:
こんにちは(゚∀゚ )

この手の本  私好きなんですよねぇ。。。
興味心身。 今暑いから 夏バテしないようにしなくっちゃね

お互いにがんばろうね
2012/08/01(水) 19:55 | URL | はる #-[ 編集]
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。