これを食べれば医者はいらない

ここでは、これを食べれば医者はいらない に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
けっこう人気があるのか、予約待ちをして図書館で借りました。
これを食べれば医者はいらない


「日本の伝統的な食文化で健康なからだを取り戻す」という考えの
「食養」を行っている若杉友子さんの本です。

料理教室を開いたり各地で講演をするなどをして
若杉ばあちゃんとして親しまれているようです。


私はそれほど素直じゃないので
健康本などを読んだときに「こんなの出来ないよ」と
批判的な気持ちが先に来てしまいます。

著者の方はすごい。でもこの人だから実践できるんでしょ、と。

本は好きでよく読むのですが、この批判的な気持ちが邪魔をして
いいことを知ったと思っても、結局何も変わりません。

自己啓発本とかも一緒ですね。

こうすればいいのかと思っても、自分には到底無理。

こんな大変なことやりたくない。

ただ読んだだけで終わってしまいます。

そろそろこんな読書は卒業したいと思っています。


が、やはりこの本もハードルが高い!

食養の考え方から言うと、現代の病気やアレルギーの原因の多くは食べ物にあるそうです。

肉や卵、牛乳などを取り過ぎる。

甘いものもよく食べる。

量的にも食べ過ぎているなど。

若杉ばあちゃんはこれらを一切食べません。

1日1食で、玄米、味噌汁、煮物などの野菜のおかず一品。たったこれだけ。

それでも70過ぎで元気いっぱいです。

そのほかにも黒く焼いた梅干を食べたり、土鍋で調理したりと
食養のコツはいろいろあります。

だんなさんのガンも、これで治してしまったというからすごいです。

けれど、やっぱり厳しいな、これで毎日暮らすかと思うと。

たまにはおいしいお肉も食べたいし、甘いものはもっと食べたい。

第一、楽しみがありません。

食へのこだわりはそれほど強くないと自分では思っていましたが
「食を楽しむ」ことに興味があることを知ったのは以外でした。

見た目の美しさや、新しいものを食べるときのワクワク感、
誰かとおいしい食事をしながらの会話など、
食を楽しむことが結構好きなことに気づけました。

それを知れただけでも、この本を読んだかいがありました。

でも、ひとつぐらいは実行したいなと思い、
毎晩味噌汁を飲むようにしました。

味噌は体の万能食。若杉ばあちゃん流に言うと、飲む点滴だそう。

低体温は病気やアレルギーの原因になりやすいそうですが
体温を上げる効果のある味噌を毎日食べれば健康な体を取り戻せそうです。

何事も「これをやらねばならない」という気持ちで臨むとうまくいきません。

まずは健康に興味をもつこと、そして出来ることから少しずつ行うことが
大切だと感じました。

これを食べれば医者はいらない

新品価格
¥1,365から
(2012/8/17 12:08時点)







関連記事
スポンサーサイト
ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。