クレンジング料を選ぶときは

ここでは、クレンジング料を選ぶときは に関する情報を紹介しています。
これからの季節には 日焼け止め はかかせません。

家にいてメイクをしないときも例外ではありません。


紫外線を浴びると乾燥しますし、細胞も劣化させます。


肌の潤いが失われると小じわの原因になり

細胞が衰えハリや弾力を失うと、横に引っ張っても消えない 大じわ ができてしまいます。



深刻な大じわへと進行してしまう前に

しっかりとUV対策をしていきたいものですね。




ファンデーションには 油分 が含まれていますが

化粧下地や日焼け止めにも同様に含まれています。



この油分は洗顔料だけでは充分に落とすことができません。

なので油分の含まれた 日焼け止め を落とすには

メイクをしたときと同じく クレンジング料 を使う必要があるんですね。



クレンジングにはいくつかのタイプに分けられます。



まずは ふき取りタイプ です。


シート状のものは水を使わずさっと落とせる手軽さが魅力です。



ただ、どうしても使うときにこすってしまうので

肌を傷つけ しわ の原因になりやすいです。




次に オイルタイプ のクレンジング料です。

高い洗浄力が魅力です。


ウォータープルーフのマスカラもするっと落ちる


なんてCMでやってましたね。




衣類のクリーニングの油汚れもそうなんですが

油性の汚れは油性の溶剤で落とすのが一番です。



日焼け止め と オイルクレンジング はどちらも油分を含んでいるので

するすると油分の汚れが落ちてくれるわけです。



これだけの洗浄力だと、気になるのは肌への負担です。


しわには乾燥はNGなのに、もともと潤いが少ない大人の肌から

必要な油分やさらには水分まで落としかねません。




気合の入ったメイクをした日限定 などで使うのはいいと思いますが

日常使いには適しません。




日焼け止めだけを使った日でも安心して使えるのは

ジェルタイプであったり 乳液 クリームタイプであったりと

洗浄力は弱いですが、肌に優しいタイプです。



スキンケアの中で一番肌を傷つけやすいのが クレンジング です。


刺激をなるべくさけるには

肌に負担をかけない クレンジング料選び が重要ですね。





こちらのトライアルセットの中のクレンジングは

オイルフリーの乳液タイプです。

クレンジング以外にもいろいろ試せるのがいいですね。







関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する