肌と卵巣の関係

ここでは、肌と卵巣の関係 に関する情報を紹介しています。
肌年齢=卵巣年齢って知ってました?

私は本を読むまで知りませんでした。


女性の肌と、卵巣から分泌されるエストロゲンには

切っても切れない縁があるようです。

エストロゲンには水分を保ったり

コラーゲンを増やす役割があります。



30代半ば頃からエストロゲンは減り始め

閉経ごろにはかなり少なくなってしまうようです。

すると、コラーゲンも少なくなりハリや弾力が失われ

しわやたるみが目に見えて増えていきます。

水分も失われ、かさかさの肌になり

若さのない肌になってしまうのです。


よかった、閉経まではまだまだ余裕があるし

私には関係ないね。

と、油断したのもつかの間、

実は加齢以外にもエストロゲンを減らしてしまう要因があったんです。


それが、睡眠不足、無理な食事制限のダイエット、運動不足だそうですよ。


ぐっすり寝て、バランスよく腹8分目に食べて、適度に体を動かすこと。


これを守れば、卵巣年齢を若々しく保つことができそうです。


食べ物でいいのは、イソフラボン。

納豆などに含まれる成分ですね。

イソフラボンはエストロゲンのような働きをしてくれます。

サプリなどもありますので

最近肌が老化してきているかもと思ったら

試してみるのもいいかもしれません。

年齢が気になる女性には大豆と酵素がオススメ【豆美人酵素】



関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する