美とは何でしょう

ここでは、美とは何でしょう に関する情報を紹介しています。
もしも中学校で美をテーマにした授業があったなら、こんな感じなのでしょうか。
P6131093_convert_20120613152057.jpg

国語、理科、社会などの教科別に

それぞれの分野に絡めての美しさ、美について語ってくれます。

中学生向けといいながらあまりよく分からなかった教科や

それこそ中学生の時に読みたかったと思える教科までさまざまあります。


一口に美といっても範囲が広いです。

私が興味があるのは、女性の美しさです。

それひとつとっても、外見や内面、しぐさ、行動、話し方、知性など

多岐にわたっています。


この世には他にもたくさんの美が溢れています。

自然や宇宙、生命といった大きなものや

人が作り出した芸術や建造物の美、

人との絆などの関係も美しいです。


日常の生活できれいだな、美しいなと感じることはあっても

それがなぜ美しいのかなんて考えることはほぼありません。

美しさを感じるのは、主観的なもの。

自分が美を感じることに、他人も同じように感じるわけではないんですよね。

何がこんなにも自分の琴線に響いているのか

そんなことをたまには真剣に考えてみてもいいのかもしれません。



こんな文章も気になります。
P6131094_convert_20120613152223.jpg

美しさと醜さは真逆のようで、実は近いものかもしれない。

人は誰でも歳をとります。

いくら若いときにキレイでも、徐々に衰えは出始めます。

今はアンチエイジングブームといわれていますね。

いつまでも若くいたいと思う背景には

老化=醜いものというイメージがあるからではないでしょうか。

でも、美と醜が隣り合わせなら

歳をとりしわができたとしても

味わい深い美しさと感じることができるかも。

それには、その人の生き様というか

人生をちゃんと生きてきた人のみが出せる内面の美が必要だと思いますが。


果たして、自分はそんな美しさをかもし出せる人になれるのでしょうか。

これからの道をこの本を読みながら深く考えます。

いまを生きるための教室美への渇き (角川文庫)

新品価格
¥580から
(2012/6/13 16:17時点)







関連記事
スポンサーサイト



ブログランキングに参加中です。押してくださるとうれしいです♪ 


人気ブログランキングへ
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
コメント:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する